未分類

英語のシャドーイングのやり方で重要な3つのコツ

f:id:ibukishimatani:20180415203521p:plain

最近シャドーイングしてるけど、やり方合ってるのかな?

せっかくやるなら身になる勉強にしたいですよね。ということでシャドーイングの3つのコツを解説します。

その3つのコツがこちら。

  1. 中学英語の単語をマスターする
  2. 中学英語の文法をマスターする
  3. 英語脳になることを意識する

 

早速解説していきます。

 

英語シャドーイングのコツ①
中学英語の語彙力を付ける

f:id:ibukishimatani:20180415203942j:plain

英語という言語を学習するには、なによりもまず語彙力が必要です

例えば、食べ物の”Food”という単語を知らなければ、”Food”と聞いても意味が分かりませんし、食べ物と言いたくても”Food”とは言えません。

“I like coffe.”と聞いても、”like”と”coffe”という単語を知らなければ、もしかしたら”likecoffe”という単語があるのかと思ってしまうかもしれません。

 

つまり、語彙力がないとシャドウィングのリスニングの部分もスピーキングの部分もできないんです。

なので、語彙力を付けてシャドウィングをする必要があります。

身につけるには単語を頭で覚えるよりも、シャドウィングしながら覚えた方が格段に身に付きます。

 

楽しくやるには、自分の好きな英語の映画や動画を観て、分からない単語があったら逐一調べて、書き留めて行く方法です。

分からない単語もそのままではなく、分かるようになります。

 

正直面倒くさいとは思います。

しかし、英語が使えるようになればなるほど痛感することが、この語彙力の重要性なんです。

基本だろうが、応用だろうが、1番大事なのはこの語彙力です

 

TOEICだって英検だってそうです。

結局できるかできないかは、この語彙力の差になってきます。

 

英語シャドーイングのコツ②
中学英語の文法をマスターする

f:id:ibukishimatani:20180415204003j:plain

英会話の文法の知識なんて中学英語で十分まかなえます。

英語で文法が難しかったりするのは、文章を書くときなんです。

だから、英会話は中学英語をマスターしているなら大丈夫です

 

文法が分かっていれば、”I have not been here for long.”とか言われても分かりますよね。

だけど、分かっていないと、”I am not here for long.”かなと思ってしまったりもするかもしれません。

そして、文法が分かれば文章を組み立てて喋れるようになります

 

例えば、”I am here to play soccoer.”という文章。

意味は「私はサッカーをするためにここにいる」です。

分かっていないと、「ここにいる?サッカーをする?ここはサッカーをする場所ですって意味かなあ?」みたいにワケが分からないことになりかねません。

 

中学英語の文法さえ分かっていれば、日常会話もビジネス会話だってできます

マジです。

  

英語シャドーイングのコツ③
英語脳になる

f:id:ibukishimatani:20180415204022j:plain

そして、これらの語彙力、中学英語を理解した上で英語を話せるようになりたいなら、最も大事になってくるものがあります。

それは、英語を「訳さない」です。

 

英語を英語で理解するんです。

日本人は、英語を聞いたとき、すぐ日本語に訳しがちです。

“I like fish.”を「私は魚が好き。」と訳してしまうんです。

 

これでは、いつまでたっても英語を喋れるように、聞けるようにはなりません。

大切なことは、英語を聞いたとき、「絵」を想像することです

例えば”I like fish.”と聞いたら、こんな絵を想像してみてください。

 

 

そして、何度もこの絵を想像しながら”I like fish.”を唱えるんです。

そうすると、英語を英語で理解できるようになります。

 

実際、ネイティブの話す英語は早いし、ネイティブはアナウンサーのように綺麗に喋ってはくれません。

そんな英語を聞き取り、会話についていくには訳している時間なんてありません

ていうかむしろ、訳しているようではまだ「身に付いている」とは言えません。

 

英語脳になってください。

 

まとめ

f:id:ibukishimatani:20180415203713p:plain

英語のシャドーイングのやり方で重要な3つのコツでした。

  1. 中学英語の単語をマスターする
  2. 中学英語の文法をマスターする
  3. 英語脳になることを意識する

シャドーイングは、正直英会話スクールとかより効果的なんじゃないでしょうか。

まずはシャドーイングで日常会話は困らないレベルまで持って行きましょう。

そしたら今後は人と話してスピーキングのレベルを上げて行けばいいんです。

 

さあ、今すぐYouTubeで自分の好きなことを英語で検索してください。