未分類

部活をやめたい大学生が考えておきたい10のこと

アイキャッチ画像

 大学生が「部活をやめたい」と思うことは何度もあると思います。

やめたくなって当然です。

ぼくは、1年生のおわりに大学の体育会テニス部をやめました

 

最初は辛いとは思いつつもなんとかがんばっていたんですが、気づいたら部長に「休部したい」とLINEを送っていたんです。

 

それくらい部活は辛かったし、部活を続けることで、他のやりたいことが全然できていなかった。

今回は、僕の経験をもとに部活をやめたい大学生に考えておきたい10のことを紹介します。

 

部活をやめたい大学生が考えておきたい10のこと

考えておきたいこと①
部活を続けることが美徳なのか?

確かに続けることは大事だと思います。

継続して頑張ることで見えてくることもありますし。

「継続は力なり」、「石の上にも3年」って言いますよね。

 

けど続けるってのは、好きなことだから続けられるし続けるべきなのであって…

結局好きでもないモチベーションが湧かないことを続けても嬉しいものではありません。

そんなふうに時間をつかうくらいなら、好きなことを探して、見つかったらそれを続けていくことに時間を使った方がいいんじゃないんでしょうか?

 

僕は現に部活をやめて、ぜんぜん畑違いですがブログってのを始めてみました。

楽しいから続いてるし、いま超楽しいです。

  

考えておきたいこと②
本当に好きで続けたいことなのか 

どうせなら、なんでもできる自由な大学生活で、思う存分好きなことやってみたくないですか?

僕はそうしたいです。

そして、それが将来仕事に結びついてくれたらな…なんて妄想が頭から離れません。

 

彼らのように好きなこと、得意なことをチャチャッと見つけてずっとそれをやればいいんです。

 

それなのになぜやりたくもないバイトを続け、やりたくもない部活に人生を邪魔され続けるんでしょうか?

 

好きなことをみつけるために、やってみたいことはすぐやって、なんか違うと思ったらすぐやめる。

そしていつしか好きなこと、得意なことが見つかって、それをずっと続けて行く。

 

そうやって生きてきたのが成功者です。

 

面白くもない、やる気もわかないことに時間を使うなんてムダでしかありません。

いくら部活の先輩が、親が、周りがどうこう言おうが関係ありません。

 

嫌なことならやめましょう。

 

そして本当に好きなことを見つけましょう。

 

考えておきたいこと③
友達が減る 

あなたには部活以外に仲のいい友達がいますか?

 

今まで部活をとおして、大学生活の大半の時間を同期の仲間と過ごしてきたと思います。

苦楽をともにしてきた彼らは、あなたの友達以上の存在です。

 

しかし、彼らと今後ライフスタイルもコミュニティも変わり、今までのように仲良くすることはなんとなく難しくなります

 

部活をやめることで、大学の仲のいい友達は減ります。

 

あなたには部活以外に仲のいい友達がいますか?

 

考えておきたいこと④
生活は堕落する

部活をやめたら、自分で自分を規則正しく律しないといけません。

 

今までは堕落しがちな大学生活も、朝練や日々の疲れでぐっすり眠れることで、規則正しく送れていたと思います。

しかし、部活をやめれば部活という制約が無くなる分、自分で自分を律するしか無くなります。

 

それはカンタンなことではありません。

 

最初のうちは今まで部活のために早起きしていた土日も、必ず朝起きられなくなり昼過ぎに起きるようになるでしょう。

家でゴロゴロすることが段違いに増えます(笑)

 

部活をやめたら、自分で自分を規則正しく律しないといけません。

 

考えておきたいこと⑤
充実感が無くなる

部活以外に打ち込めることはありますか?

 

今まであなたの大学生活には、部活という打ち込むことがありました。

 

しかし、やめたあと何か新しいことを始めなければ、打ち込むことが無くなります

 

そんな生活に充実感などありません。

ただ意味も無く時間だけが過ぎていきます。

いまあなたが部活をやめたら、あなたの大学生活にはなにが残るでしょうか?

 

大学生活について今一度考えたいなら、ホリエモンのこの本がおすすめします。

 

考えておきたいこと⑥
打ち込むことを自分で探す必要になる

「打ち込むこと」を自分で見つけましょう。

 

部活に入れば、部活という「打ち込むこと」が勝手にできあがります。

しかし、部活をやめれば何をしようとあなたの自由です。

 

「打ち込むこと」は自分で見つけなくてはならないのです。

 

部活に所属していれば、打ち込むその環境も勝手に用意されます。

部活頑張るためにチームウェアが用意されて、遠征のために何時にどこ駅に集合と伝えられる。

 

どう行動すればいいかがちゃんと明確であるし、部活はある意味甘いかもしれません

 

しかし、部活がなくなれば、「これに打ち込みたい!」ってことを1人で探さなきゃいけません。

その打ち込める環境だって自分で用意しなくちゃなりません。

それに打ち込むモチベーションだって自分で管理しなくちゃなりません。

 

考えておきたいこと⑦
そもそも部活は本当にやりたいことなのか?

そもそもなぜあなたはその部活を選んだのでしょうか?

  • 新歓の時の雰囲気が好きだったから
  • そのスポーツが好きだから
  • メンツが良かったから
  • 就活に有利だと思ったから

 

それらをもう一度よく考えてみてください。

 

僕の場合は、小中高とテニスをやってきて、大学でもテニスをしたかったから部活に入りました。

決して「サークルじゃなくて体育会に入りたい!」と思っていたわけではありません。

 

ただテニスがしたくて部活に入りました。

 

むしろ大学に入る前は「テニサーでウェイウェイするぞ!」って思ってましたからね(笑)

新歓で他のサークルはテニス下手だぞって聞いて、先輩の話を聞くうちに「競技として極めたい」っていつの間にか思ってました。

 

そして、気づいたら入部という感じでした。

 

サークルでもスポーツはできます。

あまり聞きませんが、スポーツクラブに通いその競技をやることもできます。

 

そもそもなぜあなたはその部活を選んだのでしょうか?

それって本当にやりたいことですか?

関連記事:パリピに憧れてクラブイベントやったら根暗のぼくがぶちのめされた件

 

考えておきたいこと⑧
なぜ部活をやめたいのか

なぜ部活をやめたいのでしょうか?

  • 同期との関係がうまくいかないから
  • 練習がきついから
  • 自由がないから
  • 先輩がウザいから
  • 競技自体を嫌いになったから
  • 他にやりたいことがあるから

 

理由は様々だと思います。

 

なぜあなたはやめたいと考えるようになったのか、もう一度よく考えてみましょう。

 

僕のやめたい理由は、他のやりことができないからでした。

たとえば部活をやっているうちは三日以上の連続の休みなどそうありませんから、ヒッチハイクしてみたい!と思ってもできません。部活にお金がかかるから、服を買いたくても買えません。

 

単純に部活一本に絞ることで、色んなことに手を出せなくなるんです。

それが嫌でした。

 

「ここまで他のやりたいことを犠牲にしてまで俺ってテニスしたいのかな?」と考えたとき、その答えは否でした

 

なぜ部活をやめたいのでしょうか?

 

考えておきたいこと⑨
部活の他にやりたいことはあるか

部活の他にやりたいことはありますか?

 

たとえば先輩がウザいからやめたとします。

そしてやめてからあなたには他にやりたいことがあるでしょうか?

  • 留学したい
  • ひたすらサークルでウェイウェイしたい
  • 世界一周したい
  • ひたすら堕落したい
  • 起業したい

 

ないなら続ける方がいいかもしれません。

なぜなら、部活を続けたということを世の中は忍耐力として評価してくれるからです。

部活を続けることで就活に有利になることは知っていますよね。

 

ただ、他にやりたいことがあるならば、ゼッタイにやめるべきです

 

やめたいやめたいと毎日辛い思いをしているのに、就活のために続けるとか馬鹿らしくないですか?

 

ぼくは、「いつか起業したい!」と思って部活をやめました。

 

体育会の部活で毎日テニスに明け暮れるよりも、起業をすることはもっと大きな夢でした

起業できるなら、テニスは全然サークルでいいと思ったんです。

 

こうしてぼくは部活をやめました。

もっと自分のやりたいことに正直になりましょう。

 

部活の他にやりたいことはありますか?

もっと趣味に走るもの全然ありですよ。

 

考えておきたいこと10
両立を試みたことはあるか

もしやりたいことが他にもあるなら、部活との両立はできていますか?

 

あなたに部活の他にもやりたいことがあったとして、それは部活を続けながら出来ないことなのでしょうか?

どうせ両立できるなら、もちろんできた方がいいです。

一度、両立を試みてみましょう。

 

できそうならやめずそのまま頑張るべきです。

 

しかし、できなかったのなら、いますぐにでもやめるべきです

部活と他の何かを両立しようとして、どちらも中途半端なんてことにるからです。

 

僕は、春休みの前半を休部して、事業計画書という起業のために必要なプランを書きました。

そして、これは部活を続けながらはムリだと判断しました。

だからやめました。

 

本当にやりたいことに絞って、もっと大きく結果を残しましょう。

 

そんな「二兎を追い、一兎をも得ず」人間の方には、こちらの本が非常におすすめです。

 

 

 両立とかいうバカなことをして、何事も中途半端になってしまう人に向けて、1つに絞ることの大切さをハッと気づかせてくれます。 

 

これを読めば、他にもやりたいことがあるのに部活をズルズルと続けていることの愚かさに気づき、なにを選べばいいかが見えてきます。

 

もしやりたいことが他にもあるなら、部活との両立はできていますか?

 

まとめ:大学の部活はやめたいならやめよう

まとめの画像

やめるか続けるか悩んでいる今、1番辛いと思います。

でも、いろんな人にも相談していろいろな視点の意見をもらい、まだまだたくさん悩んでください。

 

そして、上に書いたことを考えたら、さっさとやめましょう!

 

別に部活をやめたからって死ぬわけじゃありません。

そんなに重く考えなくても大丈夫です。

 

あなたの本当に生きたいように生きましょう

 

ちなみに僕は部活やめて良かったと思ってます!

後悔したことなんて1度もありません(笑)

 

「部活やめたら後悔しないかな…」なんて心配に思っている方、ゼッタイ後悔しませんから!(笑)

 

部活をやめたくて悩んでいる方のすこしでも助けになれば、うれしいです。

 

▼部活やめたいならこの記事も読んでみて